2009年10月30日

中国人のルールに対する考え方

私の会社では使用した携帯電話料金は
会社に請求できるのですが、私のように課長以上の
役職についていると自動的に会社で引き落とされますが、
課長以下の担当は毎月会社に請求するんですよね。

この請求ですが、主任は最大200元(3000円相当)
担当は最大100元(1500円相当)なんです。

もちろん、業務上使用した場合の請求ですので、
携帯電話をあまり使用しなければ、請求は発生
しません。

毎月の請求額は使用量に応じて
バラつきがある・・・

ハズなんですが!

不思議なことに毎月固定なんです。
おかしい、おかしすぎるぞ・・・


なんで!?
変動費と思ったものが固定費になっちゃうのか。

調べたところ・・・

なんと!

使用した分のみ請求できるルールが、
「毎月この額まで請求できる」に
担当の認識が変わってしまってるんです。

なんで!?

少し考えましたが、
すぐに分かりました。

中国ではルールを作っても
ルールの抜け道をついてくるんですよね。
この辺は裁判王国アメリカと一緒かもしれません。

ルールにどこかあいまいさがあると
確実に守られません。

「MAX200元まで使える」なら
「200元つかっちゃってもいい」に
なっちゃうわけです。

だから、
私はルールをこう変えました。

請求する場合は毎回通話明細見せなさい。

それ以来、請求はほとんどなくなりました。

なぜ、無くなったのか!?

中国人は事前にリスク分析をして、
自分を不利な立場に持っていかないように
するんですよね。この辺の能力は本当にすごいです。

リスクがあると感じれば
それに手を染めないんです。

毎回通話明細を見せることで、
ウソがバレることを嫌ったのです。

つまり、
「ルールに抜け道を作るな」
「性善説を信じるな、性悪説こそ中国でのベストな管理法」
です。
posted by モンリー at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人を理解する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33300085

この記事へのトラックバック