2009年10月29日

トラブルが起きたら先輩をぶつける

前回「上海人はグループで群れる」と書きましたが、
今回もそれに関係する話です。

私のITの仕事はトラブルがつきもの。
サーバのハードディスクが壊れたり、
ネットワーク機器が壊れたり、
数十件の案件をマネジメントしていると
週に数回はトラブルがあるものです。

そのトラブルが起こった時に、
簡単に解決する方法を教えます。
中国ならではの解決方法です。

前回、上海人の話を書きましたが、
相手のお客さんが上海人だった場合、
上海人を仕掛けると感情的な面で
怒られることがあまり無いんです!

上海人のお客さんに、
他の地域の担当(中国語で外地人といいます)
を仕向けると、問題収束に行ったのに、
逆に問題が大きくなることが
多いんですよね。(笑)

最初はなんで問題が大きくなったのか
理由が分かりませんでしたが、何度か
繰り返しているうちにようやく気づきました。

上海人のお客さんから、
叱られてばかりなんです。
反抗も出来ない。
言われるがままです。

その時、気づいたのは
これは出身地の違いではと!(苦笑)

これぞ中国!
出身地内では連携しますが、
出身地外ではいわば中立
もしくは敵になっちゃうんですよね。

大抵は、この出身地に合う担当を
顧客に送り込むんですが、、
別の観点でもう1つ有効な対策があります。

それは、学校の先輩ー後輩です。(笑)
中国では先輩後輩の上下関係は
日本以上に強いんですよね。

上海大学のお客さんのところで、
大きなトラブルが発生したら、
私は真っ先に上海大学の担当を探して、
年齢を聞きます。

担当の年齢じゃなくて、
顧客の年齢を!(笑)

なぜか分かりますか?

どっちが年齢が上かどうか
確認するためです。


顧客が後輩と分かった時点で、
その先輩を送り込みます。(笑)

問題はあっという間に収束します。
(これ、本当に有効です)

重要なお客さん、難しいお客さんには
所属大学を聞いて、その大学にあった
担当をアサインするんですよね。

これが私の裏エンジニアアサイン法です。(笑)
参考にしてください。
posted by モンリー at 21:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 上海ビジネス講座
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33278411

この記事へのトラックバック

たった1日15分、わずか81日間で中国語がマスターできます!!
Excerpt: 『日本人にとって習得が難しい言語』中国語を、ある方法を使い、あらかじめ脳内で『簡単な言語』に変換し、わずか81日間でマスターしませんか?
Weblog: 初心者が自宅で学べる中国語講座
Tracked: 2009-10-30 09:37