2009年10月27日

中国人の資料作りはNG。でも・・・

今日は会社のキックオフでした。
私は自分の部門の09/上期成果と、課題、
09/下期のテーマについて発表しました。

私は自部門のみの方針だったので、
他部門にはもちろん中国人の管理職が
います。

彼ら中国人が作るプレゼン資料は・・・
お世辞にも見やすいとは言えないんですよね。
汚い。表現力が無い。

でも、資料は全然だめでも、
プレゼンがめちゃめちゃうまい。
堂々としてるんですよね!


なんだ、このギャップ・・・(笑)

日本人は若干緊張してたりして、
かたかったりしますが、
中国人にはそれが少ない。

資料に書いてあることの他、
その場で思ったこと、常に考えていることを
言葉として発表する能力は日本人以上じゃないか
と思ってます。

日本人は資料作りなどの緻密な作業が
得意で、逆に発表は弱い。

日本人、中国人がお互いに
弱みを補正するために協力していけば、
弱みを強みに変えらるんじゃないかな!

例えば、
日本人が資料作って、
中国人に発表させる。

これって、
良い考えかも!


ただ唯一の難点は、
意思が伝わるかどうかってこと。
他人が作った資料を他人が発表することって
本当に難しい。

特に日中となると、
尚更難しいですね。
posted by モンリー at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人を理解する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33212023

この記事へのトラックバック