2009年06月23日

なぜ、モンリーは上海にやってきたのか!?

タイトルがカッコいいですね。
テレビ番組欄に出てきそうだ。(笑)

なぜ、私は中国に来たのか・・・!?
今日はそのヒミツを少しだけ教えたいと思います。

今から2年前。

2007年の7月・・・

私は、某有名メーカーの工場で働いていました。

この会社は誰でも知ってる有名メーカーです。
グループ会社含めて国内の従業員は20、30万人以上。
海外いれたらとんでもない規模ですね。
世界のベスト100にも入る企業。

会社はつぶれる事ないし、
将来は確実に安定。
出世コースにも乗っていた。多分(笑)
いや、そう信じたい。(笑)

でもね・・・
何か面白くなかった・・・。

だって、
毎日が平凡
刺激が無いんだもん。(笑)

そんな時、中国ビジネス支援の話があって、
約2年間、中国の蘇州工場のIT立ち上げを担当。
更に、その後の呉江新工場立ち上げは、自分が中心となって
立ち上げた。

何も無いところから、
全てを作り上げる。

しかも、
外国(中国)ならではの特殊な社会事情、習慣、文化等に
合わせて、モノづくりをしていく。

中国人の部下を引っ張っていく。
失敗したら責任を取る。

これって面白いじゃん!

初めて中国に行ったのが2002年10月。
そこから約3年間、貴重な経験を積んだ。

時には、中国人スタッフと怒鳴りあいのケンカに
なった事もあった。時には、お互いに失敗して、
慰めあった事もあった。(笑)

今では懐かしい。

そんな中国ビジネスも・・・
結局、3年でおしまい。

その後は・・・
国内へ戻された・・・

国内の仕事は・・・

やっぱり面白くない。(笑)
刺激が無い(笑)

確かに先輩方から指導してもらって
経験は積めるけど、自分の高めたいスキル
では無い。

その頃から
「自分はグローバルでビジネスを動かしていく
 リーダーになりたい!」と思い始めた。

このまま安定した生活が、
自分の人生ハッピーなのか!?

それとも・・・

仕事を交換するか!?


よ〜し!
チェ〜ンジ!チェ〜ンジ!
マジカルチェンジ!

って、そんな簡単な話じゃないさ。(笑)

冗談はおいておいて・・・


じっくり考えた・・・

2、3ヶ月・・・

そして、半年も・・・

結局、選んだ道は
「退職」

生まれて初めての退職。

大学卒業後、最初に入った会社で
7年間も勤務した。
ものすごい愛着があった。
とても好きな企業になった。
最後まで自分はこの会社の社員でいたかった。
決断し、上司に伝えた後も悩んだ。

でも・・・

人生はたった一度きりしかない。
楽しくても、苦労しても、たった一度きりの人生を
生きていかなければならない・・・

どうせ人はいつか亡くなってしまうのだから・・・

だったら・・・

生きている間は、、、、
誰にも出来ないこと、ものを見つけて、
私はチャレンジしていきたい!!


自分を信じて生きていく!
後悔はしない! 選ぶべきして選んだこの道を進んでいく!


そして・・・

2007年10月に単身中国へ渡った!


行き着いた先は、
経済都市!上海!

私の選んだのは「現地採用」の道。
将来も安定も全くない世界。

日本で有名な某Sierの中国企業に
入った。

給与はものすごい下がった。
3分の1ぐらい。

失うものは、
何もない。

突き進むのみ。

採用時は、
主任採用だった。

日本だと、
担当扱いか。

でも・・・

絶対に自分の目標を達成してやる!!

自分の目標とは・・・
中国人スタッフのコントロールする術を学ぶこと!
 ・中国人に生産性の高い仕事をさせるには!?
 ・中国人に高い作業品質を出させるには!?
 ・中国人に納期を守らせるには!?
 ・中国人とうまく協業するには!?

中国語なんて、
元々少し話せてたし、
言葉がすべてじゃない。
言葉だったら留学すれば良い!

私は企業に入り、
同じ目線で中国人を見る!
中国人をマネジメントする!

そして・・・

2007年10月にその物語は幕を開けた・・・
posted by モンリー at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国に来た理由
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30000024

この記事へのトラックバック